主婦

低価格で高品質なPBは生活費節約の強い味方

販売側と購入側のメリット

商品

価格の安さと高品質が魅力

PBとはプライベートブラントの略で、スーパーやコンビニなどの小売業や卸業が企画立案してメーカーに製造を依頼し、自社ブランドとして販売している商品のことをいいます。PBは、食料品や日用品が多いですが、ドラッグストアがPBで化粧品を展開させたりなど、商品の種類が広がってきています。PBは、メーカー、小売業、消費者それぞれに利点があります。メーカーは、一定量の販売が約束されることで工場を効率よく動かすことができますし、返品リスクを負うこともありません。販売にあたって広告宣伝費がかからないため、その分価格を安くすることができます。小売業は、自社で商品企画を行うことでより消費者のニーズに合ったものを販売することができますし、他の店で販売されない商品を扱うことで差別化ができます。PB商品の人気が出ればイメージアップや、PB商品の購入を目当てにする顧客の獲得が期待できます。卸業者をいれないことで中間マージンの必要がないのも魅力の1つでしょう。PB商品を購入する消費者側の魅力は、価格の安さです。価格が安い分、メーカーが企画するNB(ナショナルブランド)より品質が低いというイメージもありましたが、最近のPB商品は、大手の流通会社やブランドメーカーが企画しているケースも多く、品質が高くて安定しています。価格が安くて品質がいいものを購入したいというコストパフォーマンスの良さを実現していることがPB商品の大きな魅力です。